Yapparine!

やっぱりね感じた本音をあなたに

川栄李奈のかわいい動画・神7!研究生〜卒業まで歴史を振り返ろうぜ

2016/10/08

川栄李奈のかわいい動画その3・PV篇-1

川栄李奈さんのかわいい動画その3意気地なしマスカレードのPV

これは2012年10月17日発売した「意気地なしマスカレード」という曲。川栄李奈さんがセンターを飾った記念すべきPVですね。

というか、実はこれ指原莉乃さんのソロ・デビュー曲

なのに何故か「アンリレ」という川栄李奈・加藤玲奈・入山杏奈さんのメンバーが一緒に入ってるっつう。

更に「川栄李奈センターver」も発売されるというワケワカメ。

この扱いに指原は「最初、このフォーメーションでやるって聞いたときは全然納得できなかったです…。だって、そうですよね! 私のソロシングルなんですよ!? 正直、自分の中で消化するまでに時間がかかりました」

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2017137/full/

これはさっしーがキレるわけですよ。

川栄李奈ファンからすれば棚からぼた餅ではあったのかもですが。

ただ流石にさっしーのソロだけあって、川栄李奈さんが歌うシーンはありません。けど可愛いですねやっぱりね。

〜なぜ指原莉乃さんのソロデビュー曲にアンリレを入れたか〜

僕個人の憶測としては、この時にソロデビューしていたら逆に「今の指原莉乃さんはない!」と思ってます。

当時、先の引用文にあるように指原莉乃さんの心境としては相当悔しかったと思うんですよね。

しかし、当時から指原莉乃さんの潜在能力を見出し、あえて秋元康さんはこういった処遇を施したのだと感じました。まあ結果論ではありますが・・

考察元:yapparine.com

この曲の出始め、川栄李奈さんがとてもうれしそうな表情に感じられるのは僕だけでしょうか?

さて、次にご紹介する動画では、こうした経験を元に川栄李奈さんの心境が前向きになっていく様子が捉えられています。

成長を感じられる動画です。

川栄李奈のかわいい動画その4・CM篇-2

スポンサードリンク

川栄李奈さんのかわいい動画その4日進カップヌードルのCMです。

このCM放送は2012年11月。移動中の社内で撮影したシーン。

早速僕が印象に残った、CMの台詞の一部を抜粋しました。

「あたしがエースのポジションに もし成らせてもらったら前田さんを越えるような人になりたいな、と思います。」

「実際入ってみて、前田さんがあんなに努力してたりしたのはやっぱ、TVを通してだと分からないので、本当に見たときは凄いなと思いました」

「頑張ってる姿を見てもらうっていうよりかは、頑張った後の姿、頑張ってどれだけ出来たかっていうのをすごい見てもらいたいなと思います。」

 

このCMで僕が印象的だった川栄李奈さんの言葉は以下2つ。

 

1つ目の印象に残った言葉

”前田さんを越えるような人になりたいな”

前田敦子さんが”雲の上の存在から、越えていく存在へ”と意識が変わったのだな〜と感じました。

前ページでご紹介した「意気地なしマスカレード」でまさかのセンターポジションを獲得した背景が、この言葉の裏付けになっているのではないでしょうか。

だって、指原莉乃さんのソロデビュー曲にセンター配置ですからね・・自信に繋がらないわけがないです。

 

2つ目に印象に残った言葉

”頑張った後の姿を見てもらいたい”

これは努力の過程よりも、「結果」にフォーカスしているんだろうな〜と感じました。

頑張っているのに!ではなくこれだけやったから、こうになったんだ!という何かを掴んだ心境の変化なのでしょう。

(最後に高橋みなみさんが川栄李奈さんを見て、頷いている場面も良かったっす)

考察元:yapparine.com

 

当時17歳。

研究生としてAKB48で切磋琢磨していると、こうも意識が変わっていくのだなと改めて実感させられたCMです。

これは演技ではなく、素で彼女の意見でしょう。やっぱ只者ではないですね。やっぱりね。

次のページでは”遂に卒業を迎えた涙なしには見られない!「アノ動画」”をご紹介いたします。

ミス青学・山賀琴子。お金持ち美人なのにラウンジ勤務とチョメな過去。