Yapparine!

やっぱりね感じた本音をあなたに

吉岡里帆カップがポロッと事故Lv。画像可愛いけど大学で彼氏はいたのかな?

2016/10/06

吉岡里帆さんのデビューのきっかけは

映画「マンゴーと赤い車椅子」のオーディションに受かった事です。

本映画の主演ヒロインは元AKBの秋元才加さん。吉岡里帆さんは外崎千尋として秋元才加さんの妹役をこなされました。

あらすじを超ハイパーミラクル大まかに書くと、車いす生活になってしまったヒロインや周りに関わる人達の成長や葛藤・恋愛を描いた作品です。

塗れ場シーンなどもあるようで、本格的にご覧になりたい方は購入をオススメします。

あいや、勿論レンタルもありますよ。

吉岡里帆さんの性格・週刊プレイボーイで泣いたわけ

吉岡里帆さんの性格はズバリ真面目です。というのも週刊プレイボーイで撮影に望んだ際、泣いてしまったとか。インタビューに答えてました。

―じゃあグラビアの話を最初にもらった時は抵抗があったのでは?

吉岡 実は…泣いちゃいました。あははは。

引用元:http://wpb.shueisha.co.jp/2015/05/02/47175/

おい、週刊プレイボーイ泣かせんな。人気になって、グラビアに出る事自体を想定していなかったので、撮影について本音はイヤだったようです。

―えっ、泣いたの!? そんなにイヤだった?

吉岡 だってグラビアに出るなんて人生で一回も考えたことなかったから(笑)。でも自分にとってこれもチャンスなんだなと思えたのでやらせていただくことにしました。

引用元:http://wpb.shueisha.co.jp/2015/05/02/47175/

例えイヤであろうと、「自分にとってこれもチャンスなんだな」と切替えて臨む姿勢をみると性格は真面目以外ないです。この撮影で一歩前進できたという前向きなところも好感がもてます。

高校では勉強を自ら進んで取り組む真面目なタイプだったとか。でもグラビア出ちゃう図太いタイプなのかも?ということもぶっちゃけてます。

―映画といい、それこそグラビアといい、いざというときは大胆になれるというか…。

吉岡 そうですね。根っこは意外と図太いのかも(笑)。それに「本当にやるの?」っていい意味で予想を裏切るのが面白いというか。こういう人って固定したイメージはつけられたくないですね。

引用元:http://wpb.shueisha.co.jp/2015/05/02/47175/

真面目でクールだけど芯を持っていて図太い性格かもしれません。そういう女性好きです。いや、吉岡里帆さんだから好きなのか。

と、グラビアばっかり目立ってますが実は超演技派女優。高校時代から俳優の養成所に通い演技を学んでいたことで、NHK連続テレビ小説「あさが来た」ヒロインオーディションの最終選考まで残ってる。

TOPレベルのグラビア&超演技派はクールで図太い猫が大好きみたいで。

吉岡里帆さんはネコ大好き

ネコ大好きくりすぴー♪

吉岡里帆さんはネコ大好きです。ご自身のアメブロのTOP画像、インスタの初投稿にネコさんを載せてます。ズバリ5匹飼っているそうです。全員(匹ですが)の名前載せておきます。

くり助

TOP画像やアメブロにも登場するメイン猫さん

>>くり助画像

まさに主。カリン様です。茶色いカリン様。

クリリン

双子猫のクリリンさん。

>>クリリン画像

Nameチョイスがいいですね。黒い猫好き。

チーズ

双子猫クリリンと双子のチーズさん。チャオズじゃダメだったのかな。

>>チーズ画像

めっちゃ可愛い。猫の寝てる姿ってなんでこんな可愛いにゃん。

ソーヤ

先の双子の弟にあたるソーヤ。トムソーヤからの命名。

>>ソーヤ画像

プーアルが良かったな〜男の子か・・

ヒナ

上の3兄妹(クリリンとチーズとヒナ)のママ。ここまで来たら18号。

スポンサードリンク

>>ヒナ画像

あゝ〜猫可愛い。

みんな思いっきり可愛がられてるんだろうな〜・・・

そして僕はこう思いました。

そうです。察しの良い方はお気づきでしょう。

い、一日だけでいいんだ。ソーヤ。変わってくれ。

:(;゙゚'ω゚'):

はい変態

yapparine。

吉岡里帆さんゼクシィ9代目ガール抜擢。俺氏びっくり。

実のところ、吉岡里帆さんを記事にしようと思った矢先にゼクシー9代目ガールに選出されている情報が。僕は慌てふためきました。

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で一躍知名度をあげた女優、吉岡里帆(23)が結婚情報誌『ゼクシィ』の9代目CMガールに抜てきされ20日、都内で行われた同誌の新CM発表会に出席。ウエディングドレス姿を披露し、多くのフラッシュを浴びた。

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2071969/

もっと早く記事書いておけば良かった〜なんて愚痴はともかく、やはり今季大注目のタレントさんですね。

僕が睨んだとおり。←いやおま、ちげえって

ミス青学・山賀琴子。お金持ち美人なのにラウンジ勤務とチョメな過去。

吉岡里帆さんゼクシィ9代目に選出された意気込みに感嘆した

いや何より、吉岡里帆さんのゼクシィ9代目に抜擢された意気込みに僕は感嘆しました。まだ大ブレイクというわけではないですが、今まで歩んできた道は相当険しかったのでしょう。

報道陣へのコメントにその気持が表れています。

最近の好調ぶりを肌で実感しているのか、この日も多くの報道陣に囲まれると「台本がある喜び、こうやって人様に観ていただいて宣伝していただける。こういう場に感謝している」と感無量。「身に余るお仕事ですし、心を込めて愛情を持って取り組む姿勢をおばあちゃんになっても続けたい」とさらなる飛躍を誓っていた。

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2071969/

ゼクシィ自体は美少女タレントの登竜門と言われ、加藤ローサさんや倉科カナさん、広瀬すずさん、松井愛莉さんなど今や超有名タレントの方が出演してきました。

僕は8代目の新木優子さんも大好きだったんですけどね。ガストCMに出演されている女の子です。

>>新木優子さんの画像

新木優子さんは後ほど別記事にてご紹介しようと思います。

で、特に心震えたのは”この場に感謝している”で終わる一文です。

なぜか。

朝ドラ「あさが来た」や日テレ「ゆとりですがなにか」に出演し、ゼクシィ9代目に選出され傍から見たら絶好調に見える吉岡里帆さん。しかし、先のコメントを聞く限り全く調子に乗っている感じがしませんよね。

実は、吉岡里帆さんは上京後にずっと台詞のない芝居ばかりで不安だったと漏らしています。

「ずっとお芝居がしたくて、東京に出てからもずっとせりふがない不安と戦っていた」

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2071969/

台詞がない、というのはその役どころによるかもしれませんが吉岡里帆さんにとっては苦痛で仕方無かったのでしょう。

僕の考察としては、「真剣に望んだお芝居で評価された結果のゼクシィ抜擢」ということがこの謙遜に繋がっていると思います。

本当に喜ばしい限りです。因みにご自身の結婚はやはり仕事を頑張った後。ということでした。

「30過ぎてからになるのかな? 今はお仕事を頑張らなきゃいけない時期。理想は温かくてユーモアのある一緒に笑い合える人」

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2071969/

ユーモア持ってる人はアドバンテージですよ。ただ、ユーモア>変態・・(ry(泣)

じゃあ次にとっておきのあの話題について見ていきましょう。

武智志穂の離婚理由が浮気とかどうどうとブログ載せてる件について